u-yunの前向きブログ

前向きに生きていくために気付きや教訓書きます。パニック・うつと格闘中

パニック障害&うつ病が髪を切りに行った話

今日髪を切りに行きました。

パニック障害やうつ病の方ならわかる人も多いと思いますが、髪の毛関連は結構苦労しますよね。

特に髪を切りに行くのは大イベントです。

 

パニック障害だと、逃げられない場所、体調が悪くなっても抜け出さない場所には抵抗を感じる人が多いと思います。

 

うつ病だと、つらい時は毎日髪を洗うことさえ、きつい時があると思います。

 

僕自身「髪を切りたいけどいけない」、髪を洗うことも出来ない、そんな負の連鎖に陥ったときがありました。

 

2017年6月 5、6年来の担当美容師の方が異動する(当初はその人のお店に行こうとしていた)⇒今まで自転車で行けるくらいの近所だったのが、電車に乗らなければいけないところになってしまいました。

7月 パニックの症状が出始める

2018年1月 QBハウスで切るようになる(40日に一回ペース)

 

美容院では髪を洗ってもらえますが、パニックの出ている自分にとってはそれさえも負担になりかねないことやいきなり別の人に切ってもらうこと

なおかつ今の自分の症状を一から説明する手間などを考えると今まで行っていた美容院に行く理由が自分の中でなくなり、早くて安いQBハウスに行くことにしました

 

最初は自分の状態を説明することや新しい環境で髪を切ってもらうことへの緊張がありましたが、最初に対応してくれた美容師さんは気さくで、顔をおぼえてくれたので、それからはその方に切ってもらっています。

 

もちろんQBハウスには指名や予約はないので、並ぶタイミングや多少の待ち時間がありますし、僕は照明のまぶしい室内で待つのが苦手なので待ち時間は少しつらいですが、待ち時間が長そうならいつもの美容師さんが空くまで外で待つ(並んでいることにはならないが外の方が気が楽)など工夫をして何とかしています

それでも自分の髪質をわかった状態で髪切ってもらえることやもし体調が悪くなっても自分がどうして体調が悪くなったかを一から説明しなくてもよいこと

そしてなによりも10分程度で施術がおわることが、今の自分にとってはありがたいです。