u-yunの前向きブログ

前向きに生きていくために気付きや教訓書きます。パニック・うつと格闘中

体重計との向き合い方

僕は毎日、朝と夜に体重と体脂肪を計って記録しています。

 

自分の状態を把握したり、モチベーションのために毎日計っているのですが、市販されている体重計の結果だけで体の状態をすべて把握するのは意外と難しいです。

 

 

では体重を計る意味はないのか?というとそう意味ではなく

 

結論から書くと短期的な目線なら

・計るタイミングをできるだけ一定にして比較する精度を少しでも上げる

・体重や体脂肪だけでなく見た目や実際に体のサイズを定期的に測るなど

更に判断材料を増やさなければ、体の状態の把握精度を上げることは出来ない。

 

もちろん体重と体脂肪が中期、長期的に両方減っていれば、順調に進んでいると言えますが。

 もしダイエットのモチベーションとして毎日体重や体脂肪を計っていくなら、まずは市販体重計や体について理解を深めることが大切です。

 

前提知識として筋肉は水分が多く、体脂肪は水分を少ないというのは覚えておきましょう。

体重計

 重さは正確に計ることが出来る(当たり前ですが)

体脂肪は体の水分量に伴う電気抵抗量によって計る

 体重計の判断基準

筋肉=水分多い=電気通す=体脂肪少ない

 体脂肪=水分少ない=電気通さない=体脂肪多い

 

朝 代謝と汗で体重が減るが水分が少ないので体脂肪は増える傾向

 

 飲食によって体重が増えるが水分があるので体脂肪は減る傾向

 

体重と体脂肪を朝と夜計っていてこの現象に疑問を抱いている方もこれで少し納得できたと思います。

そしてそれは朝夜だけの話ではなく、例えばアルコールを飲んだときにアルコール分解のために体内の水分が枯渇した場合にはやはり体脂肪は増えたりする、つまり状況によって大きく変動しやすいという事です。

 

体重計や体の仕組みをある程度理解し、自分の状況を正確に理解できれば、なぜかうまくいかないという状況は減らすことができます。

モチベーションの維持のためにも覚えていきたいことですね。