u-yunの前向きブログ

前向きに生きていくために気付きや教訓書きます。パニック・うつと格闘中

マクロ栄養素を調べて安心して炭水化物を食べる

こんにちはうーやんです。

 ダイエットをしていると炭水化物(糖質)をどれくらいとって良いのか迷ってしまいますよね。

 

 様々な情報を得ることが出来る昨今、炭水化物が正義か悪か人によって違うと思いますが、炭水化物を極端に減らすと眠れなかったり、脂肪が燃焼しにくくったりするデメリットを聞いたことがあると思います。

 太らない程度には食べたいですよね。

僕自身も炭水化物を適量食べた時の方が活動量と体重の減りが良い方向に行きます

 ただ自分一人で正しい量を決めることは難しいと思います。

 

そこで必要なことを段階的に分けてみると

  1. マクロ計算をする

  2. 必要な栄養素の摂取量を自分の生活スタイルに合わせて3分割する

  3. 普段よく口にするものの栄養素を知る

  4. 修正と実行を繰り返す

 まずはマクロ計算についてです。

マクロ計算とは性別、身長、体重、年齢、活動量、そして目的から自分に必要なマクロ栄養素を出す計算式です。

マクロ栄養素とはたんぱく質、炭水化物、脂質のことです

マクロ栄養素 計算」で検索すれば自動で計算してくれるサイトも出てきます。

 これで理想の自分になるための炭水化物量を調べてみてください!

 

次は自分の生活スタイルに合わせて分割してみましょう。

「自分の活動量が多い時の割合を増やす」のがおすすめです。

やはり摂取した栄養素(特に炭水化物)はその日の内にエネルギーとして出来る限り消費した方が脂肪にはなりにくいと思います

僕の生活スタイルは

16時頃に運動することが多いことと

胃腸が弱く、朝多く食べると体がだるくなったり、お腹が痛くなるので

今は一日3食を「3:4:3」で分割しています。

次は栄養素について調べてみましょう。

市販されてるものには栄養素が表示されているものが多いですがわからない場合

こちらがおすすめ↓

calorie.slism.jpこのサイトでは量を変更して表示することが出来るので面倒な計算を自分でしなくていいのが楽です。

最初のうちは食べる頻度が多い物や、炭水化物の多そうなものから調べて、大体どれくらい食べて良いのか調べてみましょう

必要な情報を手に入れたら後は実行あるのみです。

栄養計算や活動量の調整に最初は苦戦すると思いますが、体重や見た目の変化体脂肪なども参考に進めていけば結果はついてきます。

闇雲に炭水化物を減らして肉体的にも精神的にもすり減らすよりも確実にリバウンドの可能性は低く出来るはずです。