u-yunの前向きブログ

前向きに生きていくために気付きや教訓書きます。パニック・うつと格闘中

ダイエットが順調に進んでいるかどうかがわかる筋肉率の計算方法

ダイエットやボディメイクをしていると

「体重は増えたけど体脂肪は減った!」

「体重は減ったけど体脂肪はそのままだ。」

みたいなことが多々ありますよね。

 

自分が良い方向に進んでいるのかなかなか確信を持つことは出来ません。

 

毎日全体写真を取れば1周間や2周間で変化を確認することは出来ると思います。

でもちょっと面倒ですよね。

 

もし面倒な方は筋肉率を求めるのはどうでしょうか?

筋肉率は体重と体脂肪がわかれば求めることが出来ます。

 

詳しい計算方法を書く前に注意点と特徴

  • タニタなどの「筋肉率が出る体重計」とは異なる数字(筋肉率)が出てくる
  • 体脂肪や体重は体内水分量によって大きく変わる場合があるので、あくまでも客観的指標の一つとして利用する
  • 基本的に数字が上がれば上がるほどうまくいっている(痩せている・引き締まっている)と思って良い。
  • 市販の体重計では少しの汗でも体脂肪率が変わることがあるので、できるだけ同じ環境で計ること。
  • 筋肉に負担をかけた次の日(運動した次の日)は一時的な筋肉破壊により体重計の表示上、体脂肪が増えることがあり、筋肉率は下がると思っていたほうが良い。

 

筋肉率の出し方

体重×体脂肪率=体脂肪量

体重-体脂肪量=除脂肪量

除脂肪量÷2=筋肉量

筋肉量÷体重=筋肉率

 

もしこれを毎日計算するのが面倒なら「筋肉率 計算」で調べれば体重と体脂肪を記入すれば、すぐに数値を出してくれるサイトもありますし、

EXCELやスプレッドシート(google版無料EXCELみたいなもの)で計算表を工夫して作れば、毎日の記録を残すことも出来ると思います。

記入例

f:id:u-yun:20180921214633p:plain

f:id:u-yun:20180921214638p:plain

 

EXCEL系のファイルはパソコンの使用頻度が少ない方でもスマホから編集することも出来ますし、体重や体脂肪だけ書き溜めておいて後でまとめて計算してもいいかもしれません。

自分の環境にあわせてぜひ試してみてください。