u-yunの前向きブログ

前向きに生きていくために気付きや教訓書きます。パニック・うつと格闘中

【今週のお題】「わたしの手帳術」

 

最近、日常生活をより円滑に効率的に過ごそうとgoogleカレンダーがどういうものか試してみたり、100均で手帳をさがしてみたりしていました。

 

今週のお題が手帳ということで自分の少ない手帳遍歴を思い返してみると

大概が途中で空白です。投げ出してます。

 

その理由を考えてみると

  • 予定が少ない
  • 字が汚い
  • その時の感情次第で書き方が変わって見にくい
  • 飽きっぽい
  • TODOリストの使い方が下手で長期的な目標を具体的に書いてしまう

ですからここ数年は月ごとのカレンダーが乗っていてそこに書き込む方式のいわゆる「手帳」を使っていませんでした。

 

ちなみに去年は10月頃病院でパニック障害と診断されてから、日記くらいの大きさのノートに週毎の目標を週初めに書いて、たまに感じたことを日記調で書いていました。

3ヶ月でやめましたけど。

今はスマホのアプリで「リズムケア」という記録アプリがあって、そこに日常やることや予定を記入しているのですが、それでもやっぱり手帳への憧れみたいなものがあって

やっぱり手書きには手書きのメリットがあるんですよね。

  • フットワークを軽くできる
  • 記入法式を変えやすい
  • お気に入りの手帳なら見ているだけでテンション上がる
  • 場合によってはスマホより情報の見返しが簡単

ちなみに1年区切りの手帳を10年以上続けている僕の父親は手帳をメモとしても使用していて、仕事で忘れやすいこと(あまり使わないいショートカットキーなど)を書いています。

僕がもし次手帳に挑戦するとしたら、今までの手帳完結型ではなく、生活の一部にパーツとして組み込むような父親方式でやっていこうと思います。