u-yunの前向きブログ

前向きに生きていくために気付きや教訓書きます。パニック・うつと格闘中

【本】備えあれば憂いなし!読んでおきたい防災対策BOOK

『4コマですぐわかるみんなの防災ハンドブック』についての書評です。

目次

データ

この本について

 

内容・あらすじ

もしものための防災知識を

4コマ漫画を用いて解説している

著者について

草野かおる

イラストレーター

公式サイト

http://ikinokoru.info/

公式ツイッター

https://twitter.com/kaorutofu

 

ジャンル

教養、ガイド

記述形式

ですます調

レビュー

読書手段

KindleUnlimited

きっかけ

以前自分の防災対策状況に関して

記事に書いた時にもっと対策を考えないと

まずいと感じて、読んでみました。

読了時間

40分

こういう方におすすめ

防災対策が気になっているけど

具体的な対策をとっていない方

災害大国日本に住んでいる方

興味深い点・教訓

防災対策で用意したいもの

生きていくための水分や食料はもちろん

生活を楽にする道具も用意しておきたいですね。

知識

体力の温存方法や道具の有効活用・工夫など

災害時にどのような行動が自分を助けるかなど

幅広い知識を身に着けたいですね。

約束事

災害時に家族や友人との再開場所や

どんな行動を取るか決めておきたいですね。

できれば数パターン決めておけば

イレギュラーな状況を避けられると思います。

災害時に複数の使い道がある物

ペットボトル

キャップに穴を開けることによってシャワーにしたり

簡易的なウオシュレットにすることも出来ます。

新聞紙

毛布代わりにもなりますし、汚れを拭き取ったり出来ます

ラップ

食品を保存するためでけでなく

スポンジ代わりにしたり、包帯の代わりにもなります。

生活のスタイルを整えることが重要

必要なものを必要な状況で

取り出せるようにするには

日頃から整理整頓を心がけなければいけません。

自分の生活を見直すことが

防災の一歩目かもしれません。

災害が起きてから3週間後に注意

被災してから3週間くらい経つと

体調が崩れる場合が多くあるそうです。

人間が気を強く持てる限界らしいので

頭に入れておきたいですね。

感想

項目毎に4コマ漫画で説明しているので

わかりやすかったです。

家族や友人にも勧めたいと思いました。

 

この本を読んで

知識と物、両方の事前準備の重要性を

再認識しました。

 

防災対策の一歩目として非常に

わかりやすいおすすめの一冊です。

☆書評のすすめ

本を読んだだけで満足していませんか?

ドキッとしてしまったあなたは

書評(読書レビュー)をしてみましょう。

読書でインプットした知識をアウトプットすることで

さらなる知識の吸収を目指しましょう。

書評布教記事

 

 

アウトプットの教科書

 

書評完成までのプロセス